So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・散歩 ブログトップ
前の10件 | -

箱根へGO! [旅行・散歩]

春過ぎから体調があまり良くない。
親戚とゴタゴタがあったり...
妹のご機嫌も悪くて、遊んでくれない。
いつもの三婆もいそがしそうだし、
そこへ来てbarbermamaさんとの突然のお別れ...
頭が爆発しそうでした。

三婆のNさんに電話して、どこでも良いからどこかへ行きたい。
と、言ったらOKの返事だったので二人で箱根へ行って来ました。
久しぶりの箱根です。

が、宿の予約が間際なので大抵の旅館は満室。
やっと一つ見つけて、目ん玉が飛び出そうな料金でしたけど、
予約で来て良かった。


箱根湯本から箱根登山鉄道に乗って、小涌谷温泉へ。
温泉でノンビリ浸かって、露天風呂で日々の垢を落としてきました。
宿の話はまた次回にでも...

aa箱根02.jpg

aa箱根03.jpg

次の日はまた、登山鉄道に乗って、ケーブルに乗り換え
ロープウェーに乗って、大涌谷まで行きました。

aa箱根04.jpg


大涌谷はニュースにもなっていましたけど、
やっと落ち着いて観光客も戻ったみたいです。
が、以前は湯気が出ているあたりもお散歩コースになっていたけど、
展望台から見るだけでした。
あたりは硫黄の匂いがかなりして、放送で
『ガスの濃度が高くなって来ているので、体調の悪い方は気を付けて下さい』
とか
『何かあった時は係りの人の誘導に従って下さい』など...
まだまだ、気を付けなければいけないみたいです。
観光客は日本人だけでなく、欧米人、中国・韓国・タイなど
色んな国の言葉が飛び交い、ここが日本有数の観光地である事を
思い出します。昔は外国の人なんていなかったし、
関西弁を聞く事も殆どなかったように思います。

ロープウェーから見えた富士山は穏やかで、
流石日本一の山の風格がありますが、近くの山は
亜硫酸ガスの影響で木々は枯れていました。
きっと何も無ければ紅葉が綺麗だったと思います。

06aa箱根.jpg

aa箱根05.jpg

大涌谷の景色...
aa箱根07.jpg

aa箱根08.jpg

真中のひときは湯気(ガス)が出ている箇所が一番凄い場所です。
TVでよくやっていた場所。
aa箱根10.jpg

新しい駐車場も出来て、かなりの混雑なので、
富士さんも見たし、大涌谷も見れたしで、
次は ガラスの森の美術館へ行く事にしました。

aa箱根11.jpg

ちょっとのお出かけで、私の気分もかなり良くなりました。
三婆のNさんには感謝の気持ちがいっぱいです。
改めてお友達って大切と思った時間でした。


                   -- 続きます --

nice!(12)  コメント(14) 

三婆北の大地へ行く 5 (最終回) [旅行・散歩]

ぐっすり眠っていたら、大音量の目覚ましが...
時刻は5時15分。

ウーン眠たい[ムード]
頑張って起きます。

アクティビティで早朝の森を歩く...を予約してあります。
6時集合。

顔だけ洗ってスッピンで、あれこれ着こんで雪靴を履いて
準備OK...
今朝は私が一番に準備出来た...(やれば出来る子?なんです)

集合場所に行くとインストラクターが二人と、参加する人が8名。
三婆、若い女子二人、40代位のご夫婦、男子一人。

ハイ、出発です。
まずは小屋へ行って夫々のサイズに合ったスノーシューを履きます。

aaスノー02.jpg

ワイ...楽しそう...

全員が装着できたので、歩き始めます。
先頭はインスト、あとは後ろに付いて歩いて行きます。
最後にもう一人のインストラクター[雪]
まず、ここを登りますと言われ登り始めるのですが、
傾斜がキツイ...
それに、たった10分前に初めて履いたスノーシューです。
8人全員でゼイゼイ言いながら登りました。
でも慣れて来ると普通に歩けます。

森の中はまだ早朝...とっても静かです。
暫く雪が降ってないので、踏み固められた所を歩いて行きます。
aaスノー01.jpg

歩いていると、着こみ過ぎたのか暑くなって来た。
Hさんが、上着脱ぎたい...暑い...
帽子もかぶってます(寒さ対策もだけど、転んだ時の事故防止の為)、
防寒着の中はチトサウナ?[いい気分(温泉)]状態...

でも、時々止まって木々の説明、棲んでいるいる野生動物のお話があり、
そんな時は汗が引きます。
説明はいろいろありましたが、殆ど覚えて...いません...(+o+)

ひたすら、歩きます。
朝のヒンヤリ空気がほっぺたに感じます。
気持ち良いです。
aaスノー05.jpg

斜面をお尻で滑り下りたり
aaスノー06.jpg

新雪の中を歩いてみたり...
新雪の中は雪が重くて歩きにくいです。
これはスキーをやっていたので、雪がいかに重いかは知っていました。
新雪を滑る時、スキー板のトップを上に向けるようにして、
滑らないと雪の中にズボズボと入って、抜け出すのが大変でしたから。

ひたすら雪の中を歩きます。
30分程歩いた所で小休止です。
暖かいミルクコーヒーが出て来ました[手(チョキ)]
aaスノー13.jpg

美味しい[るんるん]

また歩きます...
aaスノー14.jpg

辺りが明るくなって日が木々の間から差し込んで来て、
森がとってもきれいです。
aaスノー04.jpg

インストラクターが、さてそろそろ戻ります、が、
ホテルはどの方向か分かりますか? と聞きました。
夫々手でアッチ? こっち? 
私は正解でした...
Nちゃんはハズレ...遭難です...

森の中をホテルの方へ...
aaスノー08.jpg

aaスノー07.jpg

ホテルに着いたら、7時半過ぎてました。
早朝の森散歩、楽しかったです。
スノーシューも慣れてくれば雪国には良い道具です。


そんなこんなで、三婆の北国への旅も終わりました。
いろいろあったけど、寒さも景色も、音楽も楽しい思い出になりました。

北海道新幹線が出来て、函館も賑わい、札幌は都会だし、
旭川は動物園、網走は流氷と目玉を持っていますが、
帯広・然別も自然はタップリ、人々は優しいし、
良い所でした。北海道の穴場だと思います。

aaスノー11.jpg


帰りの飛行機で今度は何処へ行く?って話が出ました。
次は何処へ行こうか...

Hさん...尾道
Nさん...花の北海道
私...温泉ならどこでも...奥入瀬とかも行ってみたい...

お楽しみは続きます。

nice!(12)  コメント(14) 

三婆北の大地へ行く 4 [旅行・散歩]

人ってそれぞれのペースがあるでしょう。
ユックリしてる人、早い人など。

食事、色んな支度、お風呂などで...
私はそんなペースが遅いのよね。
それには訳があって、
仕事を辞めた時にもう金輪際チャカチャカ動くのは止めようと。
仕事はとっても忙しくてね。
例えば仕事をA,B,C,D,Eとするでしょう。
進捗状況を1,2,...10(完結)としますよね。
Aは3まで進み、
Bは5まで進み、


Eは10で終わったと
これを同時進行にやって行くような仕事だったんです。
それ以外に新しい案件が出て来ると下準備もあったり...
毎日が目まぐるしくて、大変だったのね。

だから仕事を辞めた時に、ユックリと過ごそうと思った訳です。
モチロン片付けなければならないものはチャンとやります。


で、三婆で旅をするようになって気付いたのですが、
二人の二婆はやる事がとにかく超特急なんです。
前にも食事に行った時に、凄い速さで食べるので追いつけないって
書いた事あるのですが、ホントに早いのね。
今まで、それでも早くしてと、急かされた事はなかったのですが、
今回はなぜか最初から早く、早く早くと言われ続けたのね。
早く、グズグズしない、手際よく動けば...など二人で言ってたの。
キット私がノ~ンビリ動いてるのが嫌だったのでしょうね。

で、コンサートから部屋に戻って寒いから
温泉に行こうと言うことになりました。
なにしろ目いっぱい着こんでいるから、それを脱いで
温泉に行く支度をしてたら、二人はもう支度が出来ていて
私は、温泉から出たら何を着ようかとスーツケースを
漁っていた時に、
また、ホラ早く...が始まったのね。
先に行ってよ~と言ったら、待ってるからサッサと支度しなさいよ。
だいたいミラノさんはお喋りが多いから、ノロイのよ、ときたわけ。

ここで私はブチ切れてしまいました。

あのねぇ~~ 
誰が飛行機予約した? 
ホテル予約した?
帯広の夕飯の店予約した?
バスの時間も乗る場所も全部私が一人でやったわよ。
手伝って欲しかったけど、私は一人でやった。
頑張ってる所はやってるわよ。
支度が遅い位で何でそんなに、
二人にウジャウジャ言われなきゃならないのよ。
と、言ってるウチに何故かわぁ~って涙が溢れてきて、
ダーァッと泣いてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)] [失恋] [もうやだ~(悲しい顔)]

準備は全部と言って良い位、私がやりました。
リコーダー演奏したYさんも、ミラノちゃんに言っておくのが
一番安心だから、と電話やメールで連絡してくれました。

二人はスーツケース持って、羽田に来ただけじゃない(ここでまた涙)
それとも何かやってくれた?

私には私のやり方があるのよ。
そんなに色々言うならもう二人とは旅行はしない(また、涙)

驚いたNさんが、ゴメン、言いすぎた、ごめんなさいと言って
私をハグして...ずっとゴメン、ゴメンと言い続けてたら、
超天然のHさんが、ウソ泣きして...と言いやがった言ったの。

Nちゃんと二人でオイオイ泣きました。
ゴメン、ゴメンとNちゃんは私をお母さん見たいに抱きしめて
全部ミラノさんが準備してくれたのよね、
分かってる...言いすぎたゴメン...

そこへYさんが部屋に戻って来て『どうしたの?』と...
Nさんが泣きながら説明して、
Yさんは『ミラノちゃんは体調悪い時もあるんだから、
自分のペースでやって行けば良いのよ、何言われても...
自信持ってマイペースで大丈夫だよ~』 と仲裁役。
お茶でも飲んで落ち着いて...とお茶を煎れてくれました。
そこで始めてHさんが、 あらぁホントに泣いてるの...
ミラノちゃん泣かないでって私の手を握ってくれたけど、
気づくの遅いわ[どんっ(衝撃)] 

それから暫く三人でゴメンと涙と鼻水と...(@_@。

で、このままだとちょっとYさんにも悪いし、
収集つかないなぁと思ったので...

私は無理に笑って、『ワーイ、ウソ泣きだよーん』と言いました。

それから、三婆で布団の上でプロレス状態[がく~(落胆した顔)]
60歳過ぎたオバちゃん達が布団の上で大暴れでした(*_*;
Yさんが、然別の思い出がプロレスなの?って...

時間も経っちゃったしお風呂は止めてテレビを見ました。
そうしたら、NHKでSONGSと言う番組をやっていて、
なな何と浜田省吾サマが出て来ました...

エヘ...やったね[わーい(嬉しい顔)]、と私のご機嫌は直ったのです。
後は4人で色々昔話や、去年行った石垣島の話をして寝ました。


そんな、こんなの然別の夜でした[いい気分(温泉)] 

でも、また旅行に行く時は私がいろいろ手配するのかなぁ...
二人はパソコン使えないからね。
アーアァ~[ふらふら]

aa木彫り01.jpg

aa木彫り02.jpg

nice!(9)  コメント(10) 

三婆北の大地へ行く 3 [旅行・散歩]

今宵はリコーダーのコンサートです。

その前に氷の家の探索...

aa氷01.jpg

夕飯を皆で食べた時に、この氷の家を設計し、建てた人も一緒でした。
ちょっと席が離れていたので、話の端々しか聞こえませんでしたが、
最初はスェーデンに行って氷の家の勉強を学んで来たそうです。
今はその人が中心になってボランティアさん達と一緒に、
冬の初めに作って行くそうです。

aa氷07.jpg

aa氷08.jpg

コンサートの時間になり、案内が流れるとお客さん達が集まって来ました。

aa氷02.jpg

さてさてコンサートの始まりです。

aa氷03.jpg

aa氷05.jpg

演奏曲目は
 セレナーデ      (ハイドン)
 カクテルズ      (ジェームス・D・ケアリー)
 G線上のアリア   (バッハ)
 男と女        (フランシス・レイ)
 凱旋行進曲     (ヴェルディ―) 
コンチェルト5番  (ペープシュ) etc、etc

アンコールも入れて15曲でした。
途中で15分休憩...
理由は、楽器を温める為(演奏者より、まず楽器だそうです)

aa氷04.jpg

aa氷06.jpg

aa氷10.jpg

約一時間ちょっとでしたが、寒くはなかった。
ですが、氷の椅子に座っているので、お尻が冷たい[たらーっ(汗)] [たらーっ(汗)]

友人の話ですと、リコーダーの音が氷に吸い込まれるので、
ホール等で聞くより、柔らかな音色になるそうです。

良い時間が過ぎて行きました...
また、行けるかは分かりませんが優しい気持ちになれて、
穏やかな夕べでした。

外に出ると、寒さ倍増です。
星が綺麗で、上を見ながら歩いていて危うく転びそうに...

aa氷11.jpg


お部屋に帰ってホッとしてると...
三婆の旅、始まって以来の大事件が起きてしまいました(^_^メ)

nice!(16)  コメント(14) 

三婆北の大地へ行く 2 [旅行・散歩]

二日目、バスで帯広を後にします。

目的地の然別湖までは、路線バスで約1時間半弱です[バス]
始発の帯広駅で、整理券を取っておくと終点の然別湖で降りる時はタダです。
途中で降りる人は運賃を払うそうです。

バスの一番後ろに3人で座って...
aa然別01.jpg

帯広の街を抜けると真っ白い大地がずーっと続きます。
aa然別03.jpg

aa然別02.jpg

十勝平野を抜けバスは山の中へ登って行きます。
雪の量も増えて来ました。
かなり急カーブをいくつか通り、やっと、到着です。
然別湖は標高が1200m程で、
一時間半前の帯広とは、雪の量も気温も全然違います。

バス降りた時の言葉はみんな『さむっ』...

先に来ていた四婆目のYさんがお出迎えです。
今回、三婆がなぜこんな寒い所へ来たかと言うと、
Yさんがここの氷の家で、リコーダーコンサートをするのです。
Yさんは三婆と同じ会社の同期の一人です。
同期で年も一緒なので、在勤中は4人でランチしたり、
たまには映画見に行ったりしてました。

が、結婚してから海外生活が長かったので、
三婆とはまた違ったお付き合いの仕方ですが、
毎年、然別においでよ~と言われ続けて約10年。
やっと約束が果たせました。
Yさんは東京在住で、リコーダー仲間も皆東京なんですが、
縁あって10年以上前から、毎冬ここでコンサートをやっています。

aa然別00.jpg

部屋に荷物を置いて、遅いランチです。
Yさんが、『私、やる事で忙しいから三人で遊んでてね』と言って、
アクティビティのフリーチケットをくれました。

ウエアーと雪靴はレンタルしていてくれたので、それを着こんで
外へ出ます...

aa然別05.jpg

aa然別06.jpg

色んなアクティビティがあるんだけど、
選んだのは今日はスノーモービル体験、
明日の朝は、スノーシューで森散歩にしました。

オバちゃんのスノーモービル初体験です。
aa然別08.jpg

ヘルメットを着用します。楽しい...[揺れるハート]
aa然別09.jpg

Hさんは一人で乗りたいと言うので、Nさんと一緒に乗りました。
たかがその辺を一周するだけで10分もかからないのですが、
風を切って雪の上を走ると気持ち良いわぁ~[わーい(嬉しい顔)] [るんるん] [わーい(嬉しい顔)]

aa然別11.jpg 
手を振っているのは私ですが、シャッター押すのがが遅すぎ...
     <下手くそな写真...って怒りました>

aa然別10.jpg


氷で出来た家がたくさんあります。
その中で一番大きな家にはアイスバーと小さなホールがあります。
中に入ると外より暖っかいです。

aa然別07.jpg

aa然別12.jpg

aa然別13.jpg


今宵はここで素敵なリコーダーのコンサートがあります。

aa然別14.jpg

nice!(14)  コメント(8) 

三婆北の大地へ行く 1 [旅行・散歩]

前の記事で春は来ないね~等と言っておりましたが、

寒いなら思いっきり寒い所へ...
羽田から[飛行機]で一時間半で、青空の美しい北の大地へ降り立ちました。
三婆は北海道へは夫々来ているけど、この空港に降りたのは
三婆とも初めてでした。
ワクワク旅のはじまりです。

aa帯広01.jpg

ヒートテックを着こんでいるので、そんなに寒く感じません。
帯広駅行きのバスに乗り込んで、三人でワクワクしながら市内へ向かいます。

ホテルにチェックイン後、少し休んでから今日は色々お買い物をします。
街を歩いていると、やっぱり気温が低くて...
この時はマイナス5度位[がく~(落胆した顔)]
ホテルの係りの人が今日は日中は暖かです、なんて言ってたけど
東京でマイナス5度って言ったら冷蔵庫の中よね。

aa帯広02.jpg

最初のお買い物はスーパー長崎屋へ...
ここで買うのは、北海道仕様の雪靴です。
随分前に札幌で雪靴を買ったら、まぁ嬉しい事に良い感じ。
雪の中でもズンズン歩けて、さすが北海道の靴と感激し、
今回この旅行で絶対に買おうと決めていました。

帯広駅前にある長崎屋は思ってた以上に大きなお店でした。
売ってる物も東京と変わらないほどで、私が住んでる街より、
品数も多かったくらいです。
靴屋さんであれこれ見て試着してみました。

aa帯広03.jpg

一番欲しかったのは、靴の裏側に小さなアイゼンの様な仕掛けがあり、
いつもは畳んでおくけど、イザという時にパチンと広げます。
ちょっとした凍った道なら大丈夫というしろもの。
東京では探してもこう言う仕様の靴、売ってないんですよね。

こんなの...
aa帯広04.jpg

aa帯広05.jpg

全ての靴にこれが付いてるとは限らないのです。

この靴の感じはこんなの
aa帯広06.jpg

このデザインは...(@_@。 
私の好みじゃないわ...

迷って結局、裏に仕掛けはないけど、良い感じの靴を一足お買い上げ。

aa帯広07.jpg

裏側はこんな感じですが、これだってなかなかの物だとおもいます。
これだけ溝が深いと雪をガッチリつかんで滑らない。
ただ、凍ってる場所では注意が必要ですとのお店の人のアドバイス。

aa帯広15.jpg


三婆の一人、毎回天然のHさんも同じ靴を買いました。
しかもHさん、今まで履いて来た靴を捨てて下さいと言って、
下取りに出したので、少しお安く買いました(^^♪

長崎屋で靴を買った後は六花亭の本店へ...
ホテルで貰った地図を見ながら、歩きます。
普通の歩道はしっかり除雪されているので、ピンヒールでも大丈夫な位、
ちょっと日陰の道に入ると、雪が氷になっています。

六花亭で夫々お買い物。

aa帯広08.jpg

一度ホテルに戻り教えて貰っていた、海鮮居酒屋で夕飯です。
いろいろ食べました...
美味しかったですよ~
帯広は海から離れていますが、今は流通がしっかりしてるので、
美味しい海鮮が頂けます。

aa帯広14.jpg

aa帯広09.jpg

aa帯広10.jpg

aa帯広11.jpg

aa帯広13.jpg

aa帯広12.jpg

写し忘れた物もあり、お腹はいっぱいになりました。
Nさんは一人でビールをジョッキで3杯[ビール] [ビール] [ビール]


お店とホテルは近かったので、足元も安心して帰れました。
この時気温はマイナス15度位でした。

ホテルに併設されてる温泉に入って...[いい気分(温泉)] [るんるん] 

今日はお休みなさーい。


明日はバスで然別湖へ向かいます。
然別で、三婆のもう一人、四婆の人がブログ初登場です。
                                     
                                          === 続く ===
nice!(15)  コメント(10) 

GWのお散歩 [旅行・散歩]

GWウイーク終わりましたね。
仕事をしている頃は連休は楽しみでした。
特に旅行に行ったりしなくても、日頃会えない友達と会ったり、
日帰りでちょっと出かけたり、奮発して海外とか...
でも今は、自由な時間が溢れていてね、GWだからと言う事はなくなりました。
まぁお年寄りって事ね。

前にも書きましたが鰻を食べにでかけました。

4月に成田山新勝寺へ行く計画があってその時に、鰻を食べようと思ったのですが、
いろいろ用事やら体調やらでその計画はアウトだったのね。
行くメンバーは石垣島の三婆です。
しかもNさんが、鰻ダメだからランチは他のものが...

で、このGWにNさんは海外に行くと言うのでHさん(アグー豚の人ね)と
二人で鰻を食べに出かけました。
所が、ネットでいろいろ調べると日・祝日が定休日ってお店が多いのですよ。
かき入れ時だと思うんだけど...
どうしようか...と、悩んでいたら、
Hさんの提案で高島屋の特別食堂に鰻屋さんがある、って言うのね。
本当かなぁって思いHPを見てみると、ありました。
結構な老舗が入っています。
『野田岩』

特別食堂って...高そうなんですが、
まぁ昼食だしと思い出かけました。
久しぶりの都心です。
ワクワクのドキドキ...
まさかスニカーじゃ行けないから靴も考え、着る物も考え、
ピアスもちょっとおしゃれなのを出して...お出かけです。

aa高島屋01.jpg

さすが大きいなお店。
建物も良い感じに古くて...
我が街あたりにある安っぽい建物とは違うわぁ~
aa高島屋04.jpg

古色蒼然たるエレベーターで階上へ行きます。
昔のデパートのエレベーターってみんなこんな感じでしたよね。
今は多分、東京はここしか残っていないと思います。
三越の本店にあるかもしれません。
aa高島屋02.jpg

aa高島屋03.jpg

特別食堂へ行ってまいりましたが、なんとカメラ撮影は御遠慮下さいって看板です。
その看板を写真に撮ろうかと思ったのですが、Hさんに怒られました。
お行儀悪~って...
Hさんも今日はマダムでいたいのね[ぴかぴか(新しい)]

特別食堂はもちろん初めて行ったのですが、
鰻の野田岩、 帝国ホテル、和食・大和屋三玄の三つのお店が入っています。
同じテーブルで違うものをオーダーしても大丈夫なので、それは便利ですよね。
席に通されメニューを見て、一番安い(ここ重要です)ウナ重を注文しました。
美味しかったです。
鰻がチト小さかったけど、国産鰻の美味しい味で...[わーい(嬉しい顔)]
何よりもタレが変に甘辛くなく、美味しいわぁ~
これなら一年に一回位来ても良いかも知れません。

食べ終わってお会計を済ますと、開催されている催し物のチケットをくれました。
お腹こなしに...見に行ってみました。
aa高島屋05.jpg

日本画の知識は全くのゼロなのですが、面白かったです。

その後、せっかく来たんだから洋服なんか見ないで
装飾品売り場に行こうという事になり、行ってみました。
買わないんですよ~
買えないんですが、見るだけならタダと言う事でね。

いろいろ冷やかしていましたら、スペインのマリエラと言う装飾品がありました。
アール・ヌーヴォーの巨匠ルネ・ラリックに刺激されて、
ステンドグラスとカメオの彫刻を混ぜたような繊細で美しい線の
ジュエリーを作り上げたそうです。
私は、美術は全くダメなんですが、Hさん天然の割には色々知っていて
お店の方にいろいろ聞いて、挙げ句は住所登録までして、案内状を貰うそうです。
こっそり買いに来るのかな?

余りにも綺麗なのでお店の方に写真撮っても良いですか?って聞いたら、
ハイ、どうぞ...お友達に写真を見せて是非どうぞ...
一番気に入ったのを一枚
aa高島屋08.jpg

うっ...高...[ふらふら]

aa高島屋06.jpg

色の付いてる所は七宝焼きなんですが、それが透けて見える位薄いの。
後ろからライトを当てると、輝いてそれは綺麗でした。
目の保養です。

たまには都心に出て、美味しいものもさることながら、
こう言う美しい物もみたいです。
買えない分、欲張ってミキモトやピアジュの時計なんか見てしまいました。

鰻のGWは、そんなこんなで終わりました。
次はどこへ行こうか、考えてます。


nice!(12)  コメント(12) 

三婆南の島へ行く 4(最終回) [旅行・散歩]

二日目、忙しくも楽しかった周辺の島への旅から石垣島へ戻って来ました。
もうそろそろ夕飯の時間です。
今日の夕飯はレストランで、アグー豚のしゃぶご膳...[わーい(嬉しい顔)]

沖縄特産の アグー豚、まだ食べた事ありません。
どんな味なのかとても楽しみでした。

aa夕飯01.jpg

お鍋に火を付けて沸騰するまで待ちます。
アレコレ3人で(グループごとにテーブルが決まってました)、アレコレ話をしながら、
ちょっと、ビール飲んだりして...[ビール]
楽しかったね~
また来ようね~
海の色が良かったわね~
前に行ったハワイより良かったね~
なんて話しながら食事をしてました。

で、もうちょっとお肉が欲しいわよねって事になり、追加オーダーをすることになりました。
3人前じゃ多いから2人まえの追加です。
Hさんが係りの人を呼んでメニューを見ながらコレお願いします。
ってオーダーしました。

ここで...事件...

暫くしてハイ、追加ご注文です...と持って来てくれました。
追加分を食べ始めたら、Nさんが、 ねぇ~何かお肉の味が違うよね。
私も...ウン?...これさっきお皿に乗ってたお肉と全然味が違う。
Hさんに、何を追加したの?って聞いたら、
メニューを指さしして、コレだけど...
Nさんと確認すると、それはあぐー豚ではなくタダのブタ
しかも、しかもですよ、
な、な、何とアメリカ産輸入ブタって書いてある[がく~(落胆した顔)]
えーーーーっ [exclamation]
何であぐー豚のお肉にしなかったのよってちょっと強く言ったら、
そのリアクションが、これまたビックリです。
あぐー豚ってなに? って言ったの...
Nさんと私はドン引きです。

あなたねぇ...
今日の夕飯は沖縄産あぐー豚のしゃぶご膳って書いてあるでしょ。
私はもう...ケンカ状態。
何の因果で石垣島でアメリカ産輸入豚肉食べなきゃいけないのよ。
Hさんは...あ~ ゴメンナサイ...
実は、Hさんって超・超天然なんです。
雰囲気を察したNさんが、良いじゃないの...
食べてれば美味しいわよ、また違った味でと、お互いをというか、私をナダめて...

この時に、あっこっちも悪かったわ...Hさんにオーダー頼んだのが、まず失敗。
それと係りの人に復唱して貰わなかったのも失敗でした。
そんな感じで石垣島の夕飯はアグー豚とアメリカ産豚で終わりました。


明日は3日目は朝の11時の飛行機で帰ります。
見学する所は特になく、お土産物屋さんに寄るだけの予定。
僅か一日半の観光でしたが、初めて行った沖縄・離島
とても楽しい思い出深い旅になりました。
なんだ、かんだ言ってもこの三婆の旅が一番楽しい。
夫々に個性が違っていても、もう40年以上のお付き合い。
お互いの苦しかった事、悲しかった事、楽しい事、3人で共有してます。
これからも大切にして行きたいダイジなお友達です。

それにしても...アグー豚もっと食べたかったわ。


少しだけお土産を買いました。
八重山諸島名産のみんさー織。
妹と私の分と...aaお土産01.jpg

出窓に飾ろうと、小さなシーサー
aaお土産02.jpg

シーサーに付いていたみんさー織の敷物
額に入れて飾ろうと思ってます。
碧さが石垣島の海を思い出します。
aaお土産03.jpg


三婆の石垣島修学旅行は終わりました。
今度はどこへ行こうかな...[るんるん] [るんるん]

nice!(20)  コメント(14) 

三婆南の島へ行く 3 [旅行・散歩]

楽しみにしていた牛車にも乗り三婆はご満悦です。
牛車二回目のNさんは前回よりも面白かったと言い
(前回はご主人と来たそうです)、
初めての体験のHさんは、牛使いになって一儲けしようか...なんて言い、
私はテンションがマックスでした。


が、ここから先が記憶喪失なんです...[ふらふら] [あせあせ(飛び散る汗)] [ふらふら]

この後、またバスに乗り昼食を食べに行った様なんですが...??な状態。
まず、バスに乗った途端なぜか寝てしまい...
島の景色もなぁにも見ないで、着いた所が昼食会場でした。
ここはどこ?...って

で、当然何を食べたのか...
どんな場所だったのか全然記憶がないのよね(-"-) (@_@。
私は意外に、これまでは色んな事を覚えていて
同行の友人達からそうだっけ...なんて良く言われてるのに...

早く起きたから寝ぼけてるのか、牛さんが強烈な印象だったからかは
分かりませんが...
寝ぼけじゃなく本当にボケて来たのかも...

昼食を終えて、バスは港へ向かいます。
道の所々にこんな標識が見えます。

(ちょっと拝借画像です)
aa西表30.jpg

西表島と言えば特別天然記念物のイリオモテヤマネコが有名ですが、
いつも見られるって訳ではないそうです。
と言うか、見られる確率の方が少ないらしい。
大きな島に僅か数匹...夜行性...怖がって出て来ないなどの理由。
でも、道路には目撃情報がいくつかあってそこにはこんな看板が出ています。


バスは港、大原港に着き、次は竹富島の散策です。
大原港 →船 → 竹富港 → 星の砂浜 → 竹富古民家集落散策 →
竹富港 →(船) → 石垣島港

船着き乗り場は割りと大勢の人が船を待っていました。
行先は色々...小浜島、竹富島、石垣島

で、船に乗ったのですが何かグズグズしている内に、
座席は満杯(定員はOK)、空いている所もバラバラだし...
と言う事で、表にいる事にしました。
そこには固い木のベンチがいくつかあって、
ツアーフレンド10人位 + 添乗員さんで座る事にしました。
ハイ、出発です[船]
竹富島まで30分弱です。
当然高速船...ビュンビュン飛ばします。
しかも下がエンジンルームみたいで音と振動が凄いのです。
波しぶきが飛んできてスリル満点でした。
後ろの座席にすわっていたご夫婦連れの奥さんと、
遊園地見たいで面白いと感激 [わーい(嬉しい顔)] [手(チョキ)]
そんな中ちょっとお疲れのHさんはお昼寝です。
こんなに揺れるのに良く寝てられるわ~な状態。
船も客室の椅子に座るのも良いけど、こう言うのも楽しいね~

aa竹富01.jpg

aa竹富02.jpg

船のベンチを写さなかったのが失敗です...

竹富島に着くと大きなバスは通れない道があるので、
マイクロバスに分乗してのって観光です。
まずは星の砂浜
穏やかな海が広がるビーチで良いところなんですが、
皆、星の砂を見つけるのに一生懸命です。
手を砂浜の砂にキュッと押しつけて手のひらを見ると
小さな...小さな...星砂が見つかります。
aa竹富03.jpg

星砂を見つけてるNちゃん
aa竹富04.jpg

本当に小さいので何に入れようかと迷った挙げ句、
薬の空いたプラの入れ物に入れました。
家へ帰ってからマクロレンズで写しましたよ~
aa竹富15.jpg

aa竹富14.jpg

ですが、実はこれ砂ではありません。
詳しくはWikipedia 星の砂で読まれて下さいませ。

   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E3%81%AE%E7%A0%82


またバスに乗り古民家集落のある場所へいきます。
観光地になっていますが、古民家集落には人が住んでいます。
生活の邪魔にならぬようとの注意がありました。
富山県の五箇山と一緒ですね。

風情のある民家が並んでいます。
aa竹富06.jpg

aa竹富05.jpg

aa竹富07.jpg

aa竹富08.jpg

aa竹富09.jpg

夫々の家にはその家独特のシーサーがいるのですが、
何しろ、ツアーで...時間も限られてて...(-_-メ)
ジックリ写真を撮っていようものなら、皆ドンドン行ってしまいます。
忙しいわぁ...
慣れないカメラでピンボケが多いし...
次回来る機会があったら、本当にノンビリと行きたい場所です。

シーサーちゃんをすこしだけ...
aa竹富10.jpg

aa竹富11.jpg

aa竹富12.jpg

その後、竹富島ゆがふ館(観光センターみたいな場所)へチョコット寄って、
またバスに乗り港へ向かいました。


いやぁ~
忙しくも楽しい一日でした。
昔は自分で旅程を組み立てて、時刻表で時間を調べて、
と言う旅をしてましたが、
オバちゃんはそれが面倒なのでツアーに乗っかったけど、
ちょっともう一度じっくりと余裕を持って行きたい場所でした。
せめて一つの島に一日位いてノンビリしたい感じです。
ホテルはそん色なく良かったですが、何しろ忙しい...

ですが、一年に一度しかこんな遠くまでは来れません。
忙しい旅と言いながらも、目いっぱい楽しみました。

沖縄・離島お薦めの旅です。


実は...まだ続きがありますのよ...

nice!(13)  コメント(9) 

三婆南の島へ行く 2 [旅行・散歩]

二日目です。


6時ジャストにスマホの目覚ましがチャンチャカ・チャンチャカ鳴ります。
寝てられません...起きました...

今日は昨日にも増しての盛りだくさんなスケジュール。

石垣島 → 西表島 → ジャングルクルーズ → 港 → 由布島(牛車で渡ります)

その後、竹富島へ行くのですが、今回は由布島まで...
なにしろ、面白い体験がいっぱいあって...
超・超・楽しかったのです。

では、出発[晴れ]

ホテルからバスに乗り港・大原港まで行き船に乗ります。
高速船です。
色んなツアーの人達と一緒です。
クラツー、JTB、近畿ツーリスト等々...色んな所から来ています。
間違えるといけないので、添乗員さんを見失わない様に...
aa西表02.jpg

どの位の時間乗ったか忘れました...[あせあせ(飛び散る汗)] [あせあせ(飛び散る汗)] 
多分一時間は乗っていなかったような気がします...
西表島に付いてすぐ他の船に乗り換えます。
仲間川を辿って行くので、小さな...といっても、
ツアーのお客さん33人全員乗ります。
ここで、船を間違えると...後で大変らしいです。

ジャングルクルーズと言っても、エンジン付きの船が入れるのは上流6キロまで。
奥へは行けません...
途中はマングローブの森というか中を船は進みます。
aa西表01.jpg

aa西表13.jpg
(ピンボケですが...雰囲気は分かるかしら...)

aa西表03.jpg

aa西表04.jpg

約一時間、川の風も心地いいし、お天気も良いし...
面白かったです。

さて、この後、由布島へと向かいます。
私が一番楽しみにしていた、牛車に乗るので、ワクワクしてます。[わーい(嬉しい顔)] [わーい(嬉しい顔)]

バスで浜へ出ます...

そうすると向かいの由布島がすぐに見えるんですが、
その間の浅瀬を牛が車を引いて渡ります。
上手く干潮だったので、牛もご機嫌よく進んでくれました。
一番前に乗って(これダッシュで場所取りです...(*^^)v )
牛使いのオジサンとお話しながら乗りました。
うーーん、気持ち良くて良い感じです。
aa西表09.jpg

私達を引いて乗せてくれた牛クンの名前はマツダ・ユウサク君...
牛は全員名前があって、昔は偉い人や俳優さんの名前だったそうですが、
若い牛は、ハヤトとか ユウマとか今風の名前です。
雄の牛は去勢してあるそうです。
そうでないと、やはり暴れたり事故ったりするらしい...
もちろんま雌牛もいるそうですが、出産があったりするので、
雌牛には大勢のお客さんは引かせないそうです。
また、デビューしたばかりの若い牛はお客さんは7-8人で、
慣れてきて、体も大きくなると大きな牛車で沢山のお客さんを
運ぶそうです。
また、牛によっては物凄いスピードであっと言う間に向こう岸に着くのや、
ノンビリ歩いて(ホントの牛歩)、結構時間がかかる牛もいるそうです

マツダ・ユウサク君は今年14才(人間でいうと45才位)の働き盛りです。
牛車も大きくて16人運びました。
かかった時間は20分位かな...
足元を見ているとしっかり、がっちり歩いて仕事をしてました。

aa西表20.jpg aa西表08.jpg

aa西表07.jpg

由布島に付いてから写真を撮ろうとしたら、シャイらしく、
向こうを向いて(海の方を向いて)、写させてくれませんでした。


由布島の中は亜熱帯植物園になっていて、色んな花が咲き乱れています。
すべてと言って良い位初めて見る植物でした。

ハワイともマレーシアともシンガポールとも違う花々です。
同じ南国でも場所によって夫々違うんですね...
とてもきれいでした。
aa西表12.jpg

aa西表花01.jpg

aa西表花04.jpg

aa西表花02.jpg

aa西表10.jpg
(一応記念写真をば...)


扨て、帰りです。
今度は一番後ろに乗ってみました。
後ろから来る牛さんをユックリ見ようと思ってね。

aa西表25.jpg

aa西表11.jpg

aa西表19.jpg


面白い日でしたが、まだ半日です...
まだ、まだ、続きます...


aa西表17.jpg

nice!(15)  コメント(16) 
前の10件 | - 旅行・散歩 ブログトップ